これから産まれてくる子供達の未来を考えてみた。

 

今の子供たちは大変な時代を生きていかなければいけないのかもしれない。

 

もちろんこれから産まれてくる子供もそうだ。

 

今の時代は贅沢な物が多すぎて、それが逆に不便だったり苦労することになる。

 

1人1台あたり前のようにスマホなどの端末を子供の頃から持つことになり、いろんな情報をすぐに見ることができ、くだらないテレビなどでも洗脳される。

 

人間は単純な生き物で、もろく、すぐに状況や目にするものに影響をうけます。

 

大人になってから、今の若い子たちを見ると、かなり違和感を感じてしまう。

 

これは自分自身も子供の頃に同じくそんな感じで見られてたと思うが、そこまでひどくはないと自分で思っている。

 

ゆとり世代の人とも仕事をしたことがあるが、ハッキリ言って話しならない。

 

会話にならない。

 

ゆとり世代の人と働くまでは、ゆとり世代とは完全に都市伝説だと思っていたが実際に目の前に現れて接するとおどろいてしまいました。

 

言われたことしかやらない・温度差が違い過ぎる・反省がない・すぐに諦める・本人はきちんとやっているつもりが重症。

 

これはゆとり世代に限らずあるかもしれないが、こんな人は考え方からみなおした方がいいのではないのだろうか。

binoculars-1209011__180