2016年7月の記事一覧

楽天プレミアムカード

 

 

楽天プレミアムカードでは、10,800円(税込)と
ゴールドカードとして一般的な年会費ながら「プライオリティ・パス」が
付帯することがまず大きな特徴です。

 

service02_img

 

プライオリティ・パスとは世界400都市900箇所以上の
空港ラウンジを利用できるサービスで、
軽食やアルコール、Wi-Fiなどを楽しみながら待ち時間を過ごせます。

独立系の「コリンソングループ」が提供しています。

 
プライオリティ・パスにはラウンジ利用に都度費用がかかるものなどを含めて
3グレードありますが、楽天プレミアムカードではラウンジを
毎回無料(同伴者27USドル)で使える最高グレード「プレステージ」タイプ
(通常は年会費399USドル)が付帯します。

このクラスのサービスが付帯するクレジットカードといえば、
通常は2万円以上のプラチナタイプや、招待制のカードとなります。

プライオリティ・パス取得目的だけで作ってもお得なクレジットカードです。

 
ゴールドレベルのカードならではで、
国内の主要空港ラウンジももちろん利用できます。

保険も充実しており、国内/海外旅行傷害保険は最大5,000万円を補償します
(楽天カードでは海外旅行のみ最大2,000万円)。

最大300万円のショッピング保険もつきます。

 
また、世界30箇所以上にプレミアムカード会員専用トラベルデスクが用意され、
食事や観光の案内・各種手配が行えます。

 
得するには年会費を加味しなくてはなりませんが、
ポイントプログラム面で楽天カードを上回るのも楽天プレミアムカードの特徴です。

楽天市場では、100円利用の場合5ポイントが付与されます
(内訳:楽天市場利用1%、楽天カード利用3%、楽天プレミアムカード利用1%)。

 
また、誕生日月には楽天市場・楽天ブックスの利用で常にポイント6倍となります。

 
楽天カードでは525円かかるETCカード年会費についてもプレミアムでは無料です。

 
「20歳以上で安定した収入のある方」と、
各社の1万円クラス・ゴールドカードの中でも申込み資格のハードルは低いです
(審査は楽天カード独自の基準による)。

 
利用可能枠はユーザー個別に設定されますが
最大は300万円とさすがはゴールド。

 
また各社プラチナ・カード等では限定されがちな国際ブランドも、
VISA/Mastercard/JCBの3つから自由に選べます。

 
確定的な情報ではありませんが、招待制の「楽天ブラックカード」を手に入れるにも、
このプレミアムカードを作り利用実績を積むことが第一歩と言われています。

 
総合すると、プライオリティ・パスの最高グレードがお得に取得でき、
保険などゴールドカードとしてのスペックも十分。

充実したポイントプログラムで楽天カードを
よりダイナミックに使いたい人にも向くカードです。

 

 

 

 

暮らし情報